ライズトロン(高周波治療器)について

ホーム > ライズトロンについて

肩こり、腰痛、むちうち症でお悩みの方に朗報!

おおぐち・接骨院では、テレビや業界内でも話題沸騰中のライズトロン(高周波治療器)を導入しました。

ライズトロンは頑固な慢性の肩こりにとても効果的で、手技では届かない深部の筋肉へ、超短波で直接温めていきます。

外部から温めるのではなく、身体の深部から直接温めますので血流が素早く改善され、筋肉、関節包などの軟部組織を短時間でほぐすことができます。

電気のピリピリした刺激はなく、芯から温まってくる感じは、まるでお風呂に入っているような気分です!

またマッサージが苦手な方や、もみ返しがきやすい方でも安心して治療をうけることができます。

ライズトロンのここがすごい!

  1. 毎秒2700万回の超短波振動で、脂肪層下部の筋肉をピンポイントで治療します!
  2. ジェルやクリームなどの必要はなく、薄手なら衣服の上から直接治療ができ女性の方も安心です!
  3. 手技療法と併用すると、緩んだ筋肉がさらに伸縮し、関節の可動域もさらに広がり、その効果を持続させることができます。
  • ライズトロン
  • ライズトロン治療イメージ

肩こりはどうして起きるの?

肩こりの原因には僧帽筋が深く関係しています。

僧帽筋とは首から肩、背中に広がっている筋肉のことで
約6kgの頭と約10kgの両腕を支えている為、常に大きな不可がかかっています。

その為、日頃からケアをしないと疲労物質である乳酸が溜まりやすくなります。

その結果

筋肉が硬直し、血管やリンパ管を圧迫するため、血流やリンパ液の流れが悪くなる。

そして

血流が悪くなると、筋肉が酸欠になり更に乳酸が溜まってしまう。

その状態を放っておくと

筋肉が硬直していき、肩こりとなってしまいます。

ひどくなると

筋肉の深部から硬直しはじめ、頭痛やめまい嘔吐などの症状を引き起こすことがあります。
このような肩こりのスパイラルに陥らないよう早めの治療が必要です。

ライズトロンは、肩こりや腰痛など慢性疼痛疾患に対してとても効果的です。
また、スポーツ選手のケガの治療やコンディション作りにも効果を発揮することができます。
是非一度お試しください。

 

<対応症状>
肩こり・腰痛・五十肩・変形性膝関節症・肉離れ・捻挫・腱鞘炎・関節リウマチ・アキレス腱炎など

ライズトロン対応症状

 

<メディア紹介>

テレビ朝日「モーニングバード」 2013年1月放送

テレビ朝日「予約殺到!スゴ腕専門外来スペシャル」 2012年12月放送