交通事故治療 Q&A

ホーム > 交通事故治療 Q&A

交通事故治療の疑問はココで解決!心配なことはおおぐち・接骨院までご相談ください!

交通事故の治療について、よくいただくご質問をまとめてみました。

その他、ご不明な点がありましたら、お気軽にご相談ください。

治療費はどのくらいかかりますか?
交通事故の場合、自賠責保険により治療費がまかなわれますので、窓口負担金は必要ありません。
加害者が加入している任意保険会社が代わりに自賠責保険を立て替えます。
接骨院で治療をする手続きは面倒ですか?
保険会社担当者様に、おおぐち・接骨院で治療したいと連絡先を伝えて下さい。
その後、当院へ保険担当者様から連絡が入ります。
症状が軽くても保険で治療が受けられますか?
症状の軽い重いは関係なく全て保険で治療を受けられますし、その治療費は全て保険会社が負担します。
事故直後は症状が軽くても、むち打ち症の場合は時間の経過と共に少しずつ違和感などの症状が出てくる為、少しでもおかしいと感じたら早めに受診する事をお勧め致します。
事故後あまり時間が経過していると、「事故との因果関係がハッキリしない」と保険会社より通告され、自賠責保険が適用されないこともあります。
事故当日、病院のレントゲンで「異常はない」って言われたんだけど、だんだん頭痛がひどくなってきた・・
レントゲンは、あくまで骨折やひび等を診断するもので、筋肉の炎症等については確認ができません。
むち打ち症の大きな特徴は、事故当日には自覚症状が現れず、現れても「多少の違和感か軽い痛み程度」という点です。
交通事故はどんなに小さな事故でも想像以上の大きな衝撃が加わっており、そのダメージは受傷の翌日くらいから現れることがほとんどです。
また受傷日より1週間以上たってから発症するケースもあります。
事故後の治療が遅れると、「重症化」してしまったり「回復が遅れてしまう」などの問題も生じることがありますので一刻も早い治療をお勧めします!
病院に通いながら整骨院でも治療してもらえるんですか?
同時通院は可能ですし、最低でも1ヶ月に1回は病院での受診をお勧めします。
病院では検査や診断を受け、痛み止めの薬や湿布をもらい、接骨院では丁寧なリハビリ治療というのがおすすめです。
また、後遺症障害の申請時には、病院や整形外科等の診察が必要になります。
むち打ち症の通院期間はどれくらいですか?
むち打ち症の場合、症状によりけりですので一概には言えませんが、当院では約三ヵ月での治癒を目標にしています。
むち打ち症は、時間が経てば経つほど回復に要する時間は長くなる傾向にあります。
早期回復の為にも一日でも早い治療をおすすめします。
仕事が忙しくて、なかなか時間内に通院できないのですが・・・
後遺症のことなど考えると、仕事よりも治療を優先させるべきです。
難しい場合もあると思いますが、万が一後遺症が残ってしまうとその後の人生が狂いかねません。
患者様ご自身の健康のことですから、出来るだけ治療を心掛けてください。
あまり治療に行っていない場合、保険会社は「治った」「痛みがなくなった」と判断し、治療打ち切りの 交渉に入ることがほとんどです。
当院の診療終了時間は夜20時迄です。
ご予約をしていただきましたら、待ち時間もほとんどなくなく優先的に治療させていただきます。
※診療時間内に間に合わない場合は、一度お電話でご相談ください。
毎日通院したいんですけど大丈夫なんでしょうか?
大丈夫です。事故によって受けたケガを治療する権利は患者様にあります。
痛みがあるなら毎日通院し、しっかり治療しましょう。
交通事故に遭った数日後に、保険会社から示談の申し出がありました。すぐに応じた方がいいのでしょうか?
痛みもあり治療が続いている間は、保険会社から急がされても絶対に示談をしてはいけません。
あまりに示談を急がせるようでしたら、「治療費や慰謝料など全ての損害額の算定が終わってない為、応じる事ができません。」 と伝えて下さい。
その後も急がせるようでしたら、法律家に相談するなどしたほうが良いでしょう。
すべての損害額が確定した段階で、示談に応じればよいのです。
示談をするということは、加害者が被害者に対して賠償金を支払うことを約束し、被害者はその金額で納得したとする契約をするということです。
一度示談が成立してしまうと、被害者が再度の支払いを請求することは原則としてできません。
接骨院にかかりたいと保険会社に伝えたら、「接骨院では自賠責保険での治療はできません」もしくは「保険会社の指定する病院で治療を受けてください」と言われたのですが・・・
何社かこのようなことを言う保険会社は把握しておりますが、これは間違いです。
接骨院は厚労省から認可を受けているので、保険は適用されますし治療場所を選ぶ権利は保険会社ではなく、患者様にあります。
また病院からの転院や併用通院も、一切問題ありません。